ウィーン旅行 【おすすめコース:旧市街リング内散策①】

ウィーン

んにちは、りほです。
ルフトハンザ航空に乗って無事到着。

ウィーンへは夜に到着したので
そのままホテルへ直行し、
軽くご飯を食べて就寝。長旅はやっぱ疲れる・・・”(-“”-)”

今回宿泊した『Hotel Savoyen』
ベルヴェデーレ宮殿のすぐそば。
トラム駅Rennwegから歩いて2,3分
4つ星クラスの綺麗なホテルです。
お部屋も十分に広くて快適~♪
バスタブもあるの嬉しい(‘ω’)

2日目のこの日はウィーンの街を散策!
ホテルで朝食を済ませて
9:00出発(‘ω’)ノ
午前中は①~⑧までぐるりと歩きました

Rennwegのトラム駅から71番に乗って、
駅4つOper(オペラ)駅。
このOper駅から旧市街を一回りします。

※今回ウィーンカードを使いました。

オペラ座からシュテファン寺院まで続く
旧市街のメイン通り『ケルントナー通り』
ブランドショップやH&M、ホテルが並ぶ繁華街!
両替所もあります。

飲み物のカプチーノは
教会の外壁の色と似てるということで
名づけられたそうですよ~

ケルントナー通りから小路をくねくね歩く。

●モーツァルトハウス

モーツァルトが1784年から3年間
住んだ建物で今は博物館になってます。
3~4か月ごとに展示物の内容は
変わるらしいですよ~
直筆の楽譜はいつも展示してあるそうです。

立派なオルガンです(‘Д’)
Riesenorgel(リーゼンオルゲル)という
オーストラリア最大のパイプオルガンだそう!!!
現在(2018年1月現在)パイプ部分の修復中のため、
鍵盤とペダル部分が展示されていました。
2020年には修復も終わるようで、
綺麗な音色を聞かせてくれるんでしょうね~♪

夜はこんなにきれいに( *´艸`)

シュテファン大聖堂からグラーベン通りに入ったところで気づいたのですが、
車が走ってない!!!
そう、ケルントナー通りもグラーベン通りも
歩行者天国だったんです。
どうりで歩きやすく、ゆっくり建物をみて歩けると思った~~

グラーベン通りを歩いていると道の真ん中に
ひと際目立つモニュメントが。

●ペスト記念柱

1670年に大流行して
10万人以上を命を落としたペスト伝染病の終息を記念して
マリア・テレジアのおじいさんである
皇帝レオポルド1世によって建てられたそう。

はじめは木で作られていたそうで、
のちに大理石に作り替えられていったらしい。

一番下の段ではおばあさんが天使に突き落とされてるんですが、
このおばあさんをペストに見立て天使が退治してるんですね~

さて今日はこの辺までに。。。
続きはまだ次回投稿します。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

よければ【いいね】お願いします

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。